不動産売却と税金について

不動産に物件を売る際には、手付金の設定金額についても重要ですが、何より税金については特に注視しておく必要があるでしょう。税金は売った額から買った額を差し引いた金額、つまり利益に対して20%がかかってきます。実際に売るためにかかる費用や仲介料、測量費用等も原価に含まれ、この税金については時代の情勢によって常に変動していますので、これから物件を売られる方は現在かかる税金がどのぐらいなのかは注視しておきましょう。

また自分が住んでいた家に関しては税金はかかりません。ただし、正しく申告して売った後はなるべく不動産に詳しい税理士に依頼しておくことをおすすめします。

そして不動産を売って利益が出た翌年には健康保険税が高くなったり、年金の額に影響が出たりすることがあります。これはケースバイケースですので、売る前には勤め先の会計に詳しい人や税理士等に尋ねると良いでしょう。

また手付金に関してはその設定額が適切なものかどうか、専門知識のある人に必ず確認しましょう。もし低すぎる額を設定すると簡単に契約違反されてしまう可能性があります。